学びのヒントが盛りだくさん♪

英語教育の推進について

本年度より小学校において、外国語活動のカリキュラムが新たに増えました。
これまでは、総合的な学習の時間を利用してALTの先生などを呼んで英語の活動をおこなっていました。
しかし、今回外国語活動の時間が設けられたので、この時間に必須で外国語の勉強、主に英語の勉強をしなければならなくなりました。
中学校でも英語の学習をするから、できる限り小さいころから英語に触れていた方が身につきやすいのではないか?ということや、幼い頃の方が第二言語習得をしやすいのではないか?という意見から、この外国語活動の時間導入に対して賛成の声がたくさん上がっています。
しかし、一方で第二言語学習の時期として、小学校一年生はふさわしくないのではないか?日本語事態もままならない習得状況のまま英語を学習しても、日本語に支障をきたすのではないか?という意見も多数上げられており、反対の声もあります。
実際のところ、賛否両論なわけなので、どちらが良いということは一概には言えませんが、子どもたちが、異文化に触れ、母語とは違った言語に触れるという機会をつくることは非常に大切なことではないでしょうか。
グローバル化が進む現在、英語はもはや世界の公用語になっています。
ちょっと海外へ出かけても、英語さえできればなにも怖くないというくらい英語は世の中にはびこっています。
中学校教育で学習する英語は実用英語というよりは、文法英語が中心なので、書けても話せない、聞き取れないという子どもたちがたくさんいます。
やはり、実用的に使える英会話を学ぶことと同時に文法英語も学んでおけるのがもっとも良いでしょう。
小学校での外国語活動導入の試みが、中学英語への良い架け橋となるような機能を果たすと良いと思います。
今後ますます、英語教育は見直されていくでしょう。
指導教員は、さまざまな教材教具をもとにより良い英語教育を子どもたちにほどこしていかなければならないでしょう。